記事リスト

充実した一人暮らし

スーツの男女

一人暮らしを始めるきっかけは人それぞれです。中でも進学を機に早稲田エリアで一人暮らしを始める、という学生さんは多いのではないでしょうか。早稲田エリアは都心部への交通アクセスも問題ありませんし、学生が多く住んでいる街なので治安も良好です。そんな早稲田エリアで一人暮らしを始めるなら、賃貸物件選びのポイントを知っておいて損はないでしょう。充実した学生生活を過ごすためには生活拠点である家の選び方はかなり重要です。

学生さんが賃貸物件を選ぶ際には、ついつい部屋の内装のデザインや設備のグレードにこだわりがちです。確かにそれらの条件も、快適な生活を過ごすためには欠かせないポイントであることに間違いありません。しかし、それらばかりを注視してしまうと賃貸物件選びで失敗するリスクが高くなってしまいます。物件を選ぶ際には、設備だけでなく環境にも目を向けてみましょう。まずは部屋の向きと窓の位置を確認してみましょう。部屋や窓の位置なんて、と思ってしまう人も多いかもしれませんが、ここが意外と重要なのです。というのも、北向きの部屋の場合、日中にもかかわらず部屋に日差しが入らないため、年中薄暗くなってしまいます。そのため昼間でも部屋の明かりを付けることになるため、電気代がかかってしまいます。また太陽の光が届きづらいと洗濯物が乾きにくいとい問題もあります。他にも、部屋の階数やフロアでの部屋の位置、ゴミ捨て場や駐輪場、エレベーターといった共用設備に関してもチェックしておきましょう。

以上が早稲田エリアで賃貸物件選びのおおまかなポイントになります。学生時の一人暮らしはその後の人生において貴重な経験となります。実りある時間を過ごすためにも、賃貸物件選びで失敗しないようにしましょう。

RECOMMEND POST

部屋の間取り

ウーマン

秋葉原やその周辺に住む場合は、賃貸物件の間取りを選びましょう。一人で暮らすならワンルームや1Kが便利です。それ以上の場合は人数に合わせて広さを選ぶといいでしょう。

名称の違いを知る

建物

早稲田の付近は学生が多く、毎年その付近で多くの人が賃貸物件を探しています。賃貸物件を選ぶ場合はアパートやマンションの違いについて理解しておくといいでしょう。一般的には建材の違いで区別されています。

芸術性に優れた空間

室内

東京には賃貸マンションがたくさんあります。その中で独特の空間を演出できるのがデザイナーズマンションです。建築家やデザイナーがコンセプトを持って造った物件のことをそう呼んでいます。