記事リスト

名称の違いを知る

建物

進学のために早稲田の近くで一人暮らしを始めたいという人は多いでしょう。早稲田の周辺にはいろいろな大学や専門学校があり、多くの学生が住んでいます。そのため、毎年卒業や進学が重なる1月から3月頃になると、引っ越していく人や新しい入居先を求める人が多くなるのです。そんな早稲田の付近で賃貸物件を探すという人は、まず賃貸物件の種類について知っておくといいでしょう。例えば、賃貸物件を探しているとアパートやマンション、コーポやハイツという言葉をよく目にします。それらは不動産会社へ行ったときにもよく使う言葉なので、その違いを把握しておきましょう。

よく聞くマンションとアパートには明確な定義というものは決められていません。しかし、多くの場合、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートといった頑丈な建材で造られている物件をマンションと呼んでいるのです。マンションは頑丈なので耐震性や遮音性に優れており、快適で安心に生活をすることができます。また、建材が丈夫なことから高階層になることもよくあるのです。眺めのいい部屋を早稲田の近くで借りたい場合はマンションに住むといいでしょう。コーポやハイツと呼ばれている建物はアパートと同じ意味で使われています。このアパートは木材や軽量鉄骨といった軽い建材で造られているのが特徴です。建材が軽く建設の費用が安いため、賃料もマンションより低く設定されています。また、軽い建材なのでほとんどの場合が2階までの低階層になっているのです。荷物の持ち運びが便利で、安い費用で住みたいという人はアパートの方が向いているでしょう。これらの違いを理解した上で自分に合う賃貸物件を探しましょう。

RECOMMEND POST

部屋の間取り

ウーマン

秋葉原やその周辺に住む場合は、賃貸物件の間取りを選びましょう。一人で暮らすならワンルームや1Kが便利です。それ以上の場合は人数に合わせて広さを選ぶといいでしょう。

名称の違いを知る

建物

早稲田の付近は学生が多く、毎年その付近で多くの人が賃貸物件を探しています。賃貸物件を選ぶ場合はアパートやマンションの違いについて理解しておくといいでしょう。一般的には建材の違いで区別されています。

芸術性に優れた空間

室内

東京には賃貸マンションがたくさんあります。その中で独特の空間を演出できるのがデザイナーズマンションです。建築家やデザイナーがコンセプトを持って造った物件のことをそう呼んでいます。